ネットを使った出会いは今や当たり前!

2000年代に入ってから世界は劇的に小さくなりました、
それはネットの普及によって人と人の距離が縮まったからです。

これは男女の出会いも例外ではなく、ネットを介した
出会いが増加しています。
少し前までは「出会い系」という言葉によって、
ネットで男女が出会う事は援助交際など犯罪に巻き込まれる
というネガティブなイメージが強くありました。

しかし今では恋愛や婚活目的での真面目な出会いを求める人たちが、
合コン感覚でマッチングアプリを出会いのきっかけとして、使用しています。

アメリカでは2002年から2012年にかけて結婚したカップルのうち、
30%がネットで出会い、うち半数はマッチングアプリを使っていた
という統計もあります。

日本も例外ではなく、2016年に結婚した人の11%程度は
婚活サービスで結婚相手と出会ったという結果があります。
一昔前のネットでの出会いイメージは・・・

・怖い
・恥ずかしい
・怪しい
・騙される
・高い

だたっと思いますが、今では・・・

・気軽に出会える
・安全、安心
・コスパが良い
・自分で選べるから気楽

といったようにイメージも変わってきています。
どうしてこのようになったのか、それは出会い系とは違い
マッチングアプリを運営している企業によって、
料金耐性の見直しや様々なネットサービスとの連携、
セキュリティの強化、24時間監視体制の徹底など
安全面に力を入れた結果と言えるでしょう。