出会い系アプリとマッチングアプリの違い

一昔前までの出会い系アプリと今流行りのマッチングアプリ、
出会い系アプリにとってかわったマッチングアプリですが
どこがどう違っているのか見てみましょう。
その違いこそがマッチングアプリが流行している理由なのです。

1.登録のハードルが高くなった
マッチングアプリは登録の際に年齢確認を行いますが、
それには公的な身分証明書の画像提出が必要になります。

これによって年齢確認ができること、素性、住所などの
個人情報を運営側が入手することによってアプリそのものの
安全性を高めているのです。
これにより出会い系アプリの危険というイメージを払拭しています。

2.料金体系が月額固定制へ
出会い系アプリは男性側の負担が高くなっていました。
相手のプロフィールを見る、メッセージを送るなど
女性へアプローチするのに色んなタイミングで課金が必要でした。

これは運営がサクラを雇うことによって、男性に課金させて
収益を上げるという構図を生み出しており、いつまでたっても
出会うことができず料金が高いというイメージが定着しました。

マッチングアプリでは料金体系を月額固定にすることで、
異性とのやり取りでお金を気にすることなく利用できます。
そのためサクラは激減し定額で思う存分利用できるようになりました。

3.普通の一般人が利用者へ
マッチングアプリを使っているのはごく普通の一般人です。
社会人や学生がメインで、身の回りにいる人が利用しているので
恥かしいという考えがなくなり、気軽というイメージへと
変わって行きました。

このように3つの大きな変化によって、出会い系アプリから
マッチングアプリへと時代は変わって行き、利用者も
増加し一般的な出会いの場として普及したのです。