合コンより、ナンパよりもマッチングアプリが効率的

少し前までの出会いと言えば合コンに出かけたり、
街中でナンパをしたりといったことが主流でした。

しかし合コン、ナンパではタイプの人と出会える確率は低いですし、
更に言えばタイプの人だとしても、連絡先を教えてもらえる
とは限りません。

そういったことに時間やお金を浪費してしまうよりも、
マッチングアプリで出会いを探すほうが恋愛に発展する確率は、
かなり高いと言えます。

誰が来るか分からない合コンは無駄が多い
話しかけても相手にされない可能性の高いナンパ

より最初から自分の好みの人でフィルターをかけられる、
マッチングアプリは無駄がなく自分好みの人を探せるので、
失敗する可能性が低くなります。

合コンは誰が来るか分からないから良いんじゃないか!
ナンパで処世術を身に着けることができるんだよ!
っていう前向きな事を言う人もいます。

確かにその通りな所もありますが、わざわざ街中に出ていく事の
煩わしさを感じている人が多いのも事実なのです。

数日前、場合によっては数週間前から予定をあけておき、
オシャレをして出かけても残念な結果になってしまった…
そういう経験をした人はめちゃくちゃ多いのではないでしょうか。

一度でもマッチングアプリを使ってみれば、合コンやナンパが
どれだけ非効率的だかを実感できるでしょう。
出会いに効率を求めるなんてナンセンスだね、というのも分かりますが
効率を求めることが間違いだとも言えません。

もし間違いであれば、どうしてマッチングアプリは普及したのでしょうか。