マッチングアプリ成功例:会社員29歳の一週間 後半

マッチングアプリを追懐熟している彼の週末はどうなのか、
生活の質を向上させるのが目的という彼。
週末に向けて平日を乗り越えるという彼の週末を見てみましょう。

【土曜日】
土曜日はいつもより少し遅めに起床。
初デートの相手とは、軽くランチで済ます。
初めての相手とは夜ではなく昼に会うことが多いという彼、
理由は夜は人と会う機会が多いなどスケジュール調整が難しいから。

それに比べて昼間は時間的にも余裕ができるから、だそうです。
初めて会う相手に対して費やす労力はできるだけ軽くしたい考えのようです。
昼デートは1時間ほどで終わらせるのがポイント、
話したりないなぁぐらいで終わると次のアポが取りやすくなる。

夜はもう一度会いたいと思っていた女性と2回目のデート。
2回目のデートをするときは必ず土曜日の夜を選択、
お互いにもっと相手を知りたいと思っているため
夜の雰囲気が違った盛り上がりを見せることもある。

【日曜日】
日曜日は月曜日に向けた準備の日。
一週間でたまった雑用などを消化し、スキマ時間に
マッチングアプリで「いいね」を付けてくれた女性をチェック。
デートしたいような相手がいた場合は、自分から「いいね」をするなど
次の出会いへの種まきも欠かさない。
コミュニティから探すことで、実際にデートしてみて
そのコミュニティにマッチングしているかをチェックするのも楽しい。
相手の特性がわかるマッチングアプリは素晴らしいツール!とべた褒めの彼。

どうですか?彼の一週間を紹介しましたが、まさにマッチングアプリを
中心にして仕事やプライベートを充実させていることがわかります。
特殊な例だというのはその通りですが、これに近いことが
マッチングアプリでは日常となっているのです。