プロフィールでマッチング率アップ!<男性編>未設定をうまく使おう

写真が揃ったらプロフィールを記載していきましょう。
プロフィール文で大事なのは、マイナスになる部分は未設定にしておくことです。

当然のことですが、嘘を付くのはNGです。
本当の年収が200万円なのに、500万円と嘘を付くのは
相手を騙す行為になってしまいます。

しかし、最初から何もかもオープンにする必要もありません。
どうしても相手は検索する際に条件で絞って足切りをします。
その時に未設定にしておけば足切りされることなくマッチングに進めます。

実際に会って、あなたの人柄を知ってからであれば
多少のマイナスポイントも気にしないという人も多いです。
特に未設定にしておきたいのは、年収、喫煙、職業です。

特に婚活アプリでは年収は重視されます。
検索時には年収○○○万円以上で絞ることが多いです。
300万円以下の場合は未設定にしておくことをおすすめします。
また学生の場合なら年収を書く必要もありません。

喫煙者の場合、未設定にしておくのが良いでしょう。
タバコを吸う男性を嫌う女性は多いのですが
好きな男性であれば最終的に気にしなくなる項目でもあります。

婚活アプリの場合、職業は細かい設定があります。
会社員でも、大手企業、上場企業、会社員と分かれています。
どこにも当てはまらない場合には「その他」でもOKですが
「その他」で職業検索する女性はいません。
検索に引っかかるよう、できるだけどこかに属するようにしましょう。