恋愛がうまく行かないのは仮説が間違っているから③

今までの恋愛がうまく行かなかったのは
あなたが立てた仮説が間違っていたからです。

一方的に相手も自分に気があるに違いない、うまく行くに違いないと
勘違いして告白するから、振られてしまったのです。
同じことをくり返していては、次の恋愛でも失敗します。

そこで、大事なのが周囲の人とあなたの仮説が正しいか検証してみるということです。
「このLINEのやりとりでは、彼女の返信は社交辞令だと思う。
好感度高くなっているとは思えない」と分かれば、好感度を上げる努力ができます。
そして好感度がきちんと上がれば、交際に発展することも夢ではありません。

もしかしたら、今、あなたは若干女性不審に陥っているかもしれません。
何度も「これは行ける」と思ったのに、振られるということをくり返していると
「女性は信頼できない」「思わせぶりな態度をとったくせに」という思考になってしまいます。

もしも気になる相手ができた場合には、自分の仮説が正しいかどうか
本当に相手はそう思っているんだろうか?と仮説を検証してみましょう。

相談する相手は、女性が望ましいです。
特に率直に本音を言ってくれる女友達が良いでしょう。
親しい男性の場合、あなたを応援したいという気持ちから
「きっと大丈夫!」と言ってしまう方が多いでしょう。

恋愛初心者ほど、恥ずかしい、弱みを周囲に見せたくないと
相談をしない傾向にあります。
しかし初心者だからこそ、自分ひとりの考えで突っ走るのは危険なのです。
親しい友人に相談出来ない時には、プロの恋愛相談などもありますから
そういう方に相談してみるのも良いでしょう。