恋愛感情を伝えないから関係はすれ違ってしまう①

人が考えていることは、口に出さなくては伝わりません。
あなたが何を考えて、相手に何を思っているのか
それがどんな感情であれ、口に出して伝わります。
恋愛が苦手な男性は相手に自分の感情が伝わるのを怖がります。
その結果、相手に正しく気持ちが伝わらずに関係がすれ違ってしまうのです。

実際にあったケースで検証してみましょう。

***
A子さんは、24歳のOLです。
ある日、友達と音楽フェスに参加しました。
そこでB男さんと知り合いました。
そのとき、B男さんから
「チケットが余っているから、暇なら別の音楽イベントを見に行かないか?」と誘われました。
A子さんはスケジュールも空いているし、チケットも余ってるなら
見に行ってもいいかな?と軽い気持ちで一緒に出かけることにしました。

音楽イベントのあと、そのジャンルに興味がないと思ったA子さんでしたが
その日からB男さんからの猛アプローチが始まりました。
A子さんがやんわり断っても、B男さんは何度もLIVEに誘ってきます。
それどころかCDを押し付けてきたり、バンドTシャツをプレゼントしてきました。

しつこさに恐怖を覚えたA子さんは友達を通じてB男さんに断りを入れました。
すると後日、TwitterにA子さんに対する恨み言が書かれていたのです。
身の危険を強く感じたA子さんは警察に相談し、大きなトラブルになってしまいました。
***

B男さんが振られてしまった原因は明白です。
下心を隠しすぎたからです。

B男さんはA子さんと出会い、可愛いな、交際したいなと思い
デートに誘ったつもりです。
だからこそ、二人きりでデートに出掛けてくれた=自分に気がある
そう思い込み暴走してしまったのです。

ところがA子さんからすれば、「音楽の話」「チケットが余っている」
という理由で誘われたと思っています。
自分自身に興味があると思っていないから一緒に出掛けたわけです。

最初から「A子さんに興味があってデートに誘っているんだ」と分かっていれば
A子さんも男性としてあるなしを早急に判断していたでしょう。
最初の段階でデートを断っていたかもしれませんし
交際相手候補と思ってデートに応じていたかもしれません。