どうやれば女性に話しかけられるようになるの?②

■まずはコンビニ店員から
まずはコンビニ店員さんに道を尋ねるところから初めてみましょう。

最も拒絶されないのは、業務上相手が対応しなければいけないときです。
お店の店員さんに、○○はどこにありますか?と聞けば
相手は必ずあなたの相手をしなければいけません。

特に簡単なのが、コンビニから最寄り駅の向かい方や
近くのビルの場所などを聞くというものです。
相手が確実にわかりそうな場所を教えてもらいましょう。

ただし、これは明らかに業務外のお願いを故意にしている行為です。
店員さんや他のお客さんの迷惑になってはいけません。
コンビニが混雑しておらず、他にお客さんもいないときに限ってください。

ガムやお茶を購入したついでに
「すみませんが、○○はどこらへんにありますか?」と聞きましょう。
この質問であれば、よほどの事情がない限り拒絶されません。

■女性が1人で飲めるバーへ行こう
緊張せずに店員相手に話ができるようになったら、レベルアップして次の段階に進みましょう。
次の試練は「女性が1人で飲んでいるところに話しかける」というものです。

ただし、1人で静かにお酒を飲んでいる女性に話しかけても
無視されてしまうだけです。

そこで狙うのは、カジュアルなバーでマスターと気軽に話している女性です。
すでに会話をしてる女性であれば、1人で静かにお酒を飲みたいわけではないので
気軽に会話に応じてくれる可能性が高いです。

「いつも来てるんですか?」とか「この店のおすすめを教えてください」と
話しかけてみましょう。
ただし、バーによっては隣のお客さんに話しかけるのを禁止しているお店もあります。
常連同士でわいわいやっているお店を選ぶようにしましょう。

■イベントに参加する
2つの段階をクリアしたら、次は趣味のイベントに参加してみましょう。
女性も参加していそうな料理教室、ハイキング、音楽フェスなどに参加し
女性に話しかけてみてください。
ここまでできれば、「女性と話ができる男性」に生まれ変わっているはずです。